岡本浩和の音楽日記「アレグロ・コン・ブリオ」 アレグロ・コン・ブリオ~第8章 » Blog Archive » 歌劇「レオノーレ」(1806年版)を聴いて思ふ