ロストロポーヴィチ リヒテル ベートーヴェン チェロ・ソナタ第2番(1962.6録音)ほかを聴いて思ふ

音楽は心を揺らす。音楽は同時に心の安定をも喚起する。
破壊があって創造がある。いずれにせよ調和に向かうということだ。

チェロ・ソナタ第2番ト短調作品5-2。1796年、26歳のベートーヴェンが作曲した、まるで正反対の性格を持つ2つの楽章で成る、とても青年が書いたとは思えない堂々たる風趣の佳作。
ロストロポーヴィチの奏するチェロの音は、何だかとても悲しい。
20分近くに及ぶ第1楽章。序奏アダージョ・ソステヌート・エド・エスプレシーヴォの暗く重い慟哭、また、主部アレグロ・モルト・ピウ・トスト・プレストの、優雅だけれど、寂寥感満ちる主題はベートーヴェンの傑作の一つではなかろうか。
それにしても、リヒテルのピアノの、あくまで伴奏者としての謙虚で内省的な音色。それによってロストロポーヴィチのチェロとのバランスが見事に和していることがわかる。そして、第2楽章アレグロの軽快なスピード感!チェロが舞い、ピアノが歌う。

ベートーヴェン:
・チェロ・ソナタ第2番ト短調作品5-2(1962.6.4-8録音)
・チェロ・ソナタ第3番イ長調作品69(1961.7録音)
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)
スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)

チェロ・ソナタ第3番イ長調作品69。1808年初頭に完成。すなわち、同時期に傑作交響曲第5番ハ短調が生み出され、そのまま第6番ヘ長調の作曲に集中していた、ベートーヴェンが最も(?)脂の乗っていた時代に書かれたマスターピース。

ミサ曲、2つのシンフォニー、チェロ・ピアノ・ソナタとさらに2曲のソナタか、それに代わってもしかしたらもう1曲シンフォニーを、700グルデン約定価でご提供申し上げます・・・ミサ曲をあなたは受け取らなければなりません、さもないと私はあなたにその他の作品を差し上げません。・・・教会ものは受けない、とあなたはおっしゃいますが、あなたが単に通奏低音奏者のご出身であるならそれでよいでしょう、しかしこのミサ曲をいちどライプツィヒでコンサートで上演させてみてください、そうすればそれを欲しいと思う愛好家がただちには見つからないのかどうか、おわかりになるでしょう・・・それをドイツ語歌詞付ピアノ編曲で出版してください、私は成功を保証します・・・
(1808年7月8日付ブライトコップ&ヘルテル社宛)
大崎滋生著「ベートーヴェン 完全詳細年譜」(春秋社)P201

何という自信に満ちた言であることか!少なくとも当時のベートーヴェンは、自身の才能にまったくの疑いを持っていなかった。どころか、このソナタを聴いてみても、楽想と巨大な構成のあまりの充実ぶりに舌を巻かざるを得ない。

第1楽章アレグロ・マ・ノン・タントは、耳疾患を抱えているとは思えない、揺るぎない堅牢な外見の内に天衣無縫の自由さを獲得した傑作。また、第2楽章スケルツォは、まるでブラームスの描く舞曲のような弾力が美しい。そして、終楽章アダージョ・カンタービレ―アレグロ・ヴィヴァーチェは、清澄かつ憂いある序奏と快活な主部が見事に融け合い、聴く者を歓喜に導く名演奏。

このレコードに関して最重要な一事は、芸術やスポーツの世界にも政治が介入する不幸な現代にあって、ロストロポーヴィチとリヒテルの協演に接する機会はいまや既往の録音のほか、ほとんど完全に絶たれていることである。これはまさに記念碑的な名演、そして歴史的にもこのうえなく貴重な記録とされる名盤である。
(藁科雅美)
~CD-10024-5ライナーノーツ

これは、1985年リリースの音盤(2枚組で特価6,000円!!)に付されたライナーノーツからの抜粋だが、おそらくアナログ盤リリース時のものの流用だろうと思われる。録音からは、確かにあの時代の空気感までが立ち込める。

人気ブログランキング


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください