ベルニウスのメンデルスゾーン「おお、血と涙にまみれた御頭よ」(1998録音)ほかを聴いて思ふ

自らの内なる力を信じるべし。

讃美歌「おお、血と涙にまみれた御頭よ」には、バッハの受難曲が木霊する。特に、第3曲コラールのあまりの崇高さ。いかにメンデルスゾーンがバッハを尊敬していたか・・・。フェリックスのバッハへの憧憬は、おそらく姉のファニーの影響によるところが大きいだろう。

そしてファニーは弟のフェーリクス以上にJ.S.バッハに傾倒しており、それはほとんど崇拝と言っていいほどだった。ファニーは1829年まで使っていた作曲ノートに唯一J.S.バッハの肖像画を貼っていた。フェーリクスは、姉を聖トーマス教会の合唱指揮者J.S.バッハになぞらえ、尊敬とからかいを込めて「黒い眉のカントール」と呼んだりしている。そのファニーは、1818年13歳の時、父親アーブラハムへの誕生日プレゼントとして、J.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集第1部 24の前奏曲とフーガ」をすべて暗譜で弾きこなし、メンデルスゾーン一家に賛否両論が起こった。
山下剛著「もう一人のメンデルスゾーン―ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼルの生涯」(未知谷)P78-79

19世紀初頭、女性が高度な教育を受けることは必ずしも推奨されるものではなかった。男性にせよ、そもそも音楽家などという職業が公に認められるものではなかったゆえ、フェリックスの才能についても家族中が手放しで応援したわけではなかったらしい。
そういった荒波的環境の中で、ある意味才能を伸ばし続けた二人の姉弟の意志の強固さとでもいおうか、それには実に恐れ入る。

教会のための作品集だが、ここには神への讃歌と同時に生きとし生けるものすべてへの感謝の念が宿るよう。何とも人間的なのである。

メンデルスゾーン:教会作品集Ⅵ
・詩篇第115篇「我らにではなく、主よ」作品31(1996録音)
・おお、血と涙にまみれた御頭よ(1998録音)
・キリスト、汝神の小羊(1998録音)
・ただ愛する神の摂理にまかす者(1998録音)
・恵み深くわれらに平安を与えたまえ(1998録音)
ルート・ツィーザク(ソプラノ)
ザビーネ・リッターブッシュ(ソプラノ)
クリストフ・プレガルディエン(テノール)
ゴットホルト・シュヴァルツ(バス)
ミヒャエル・フォッレ(バス)
シュトゥットガルト室内合唱団
フリーダー・ベルニウス指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
フリーダー・ベルニウス指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団

情熱の奔騰。
限りなく澄明な音楽は、余計なものが削ぎ落とされた脱力の祈り。
フリーダー・ベルニウスの、フェリックス・メンデルスゾーンへの深い愛情が垣間見える。1830年に作曲された旧約聖書に基づく「詩篇第115」冒頭合唱の絶唱、また、バスによる第3曲アリオーソの安寧、続く終曲合唱の癒しに心動かされる。

 

ブログ・ランキングに参加しています。下のバナーを1クリック応援よろしくお願いいたします。


音楽(全般) ブログランキングへ

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


2 COMMENTS

雅之

メンデルスゾーン姉弟の倒錯していたであろう関係から、映画「おとうと」 《 岸惠子 , 川口浩 (他 出演), 市川崑 (監督) 》 を引き合いに出しておきたくなります。「銀残し」の画像が、独特の雰囲気を醸し出し効果的です。

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%A8-4K-Master-Blu-ray-%E5%B2%B8%E6%83%A0%E5%AD%90/dp/B013DIH51C/ref=sr_1_4?s=dvd&ie=UTF8&qid=1496496027&sr=1-4&keywords=%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%A8

余談ですが、映画「炎上」

https://www.amazon.co.jp/%E7%82%8E%E4%B8%8A-4K-Master-Blu-ray-%E5%B8%82%E5%B7%9D%E9%9B%B7%E8%94%B5/dp/B013DIH46I/ref=sr_1_2?s=dvd&ie=UTF8&qid=1496497973&sr=1-2&keywords=%E7%82%8E%E4%B8%8A

や、「雁の寺」(両方、臨済宗相国寺派の禅寺が舞台!)もそうですが、宗教の禁欲と倒錯はよく似合います。修道院の中などにも、いかにも色々ありそうですし・・・。

返信する
岡本 浩和

>雅之様

このあたりは本当に勉強不足で、返す言葉が見当たらないのですが、「「銀残し」の画像が、独特の雰囲気を醸し出し効果的」という点が気になります。
少し時間をいただいて勉強させていただくことにします。(苦笑)

>宗教の禁欲と倒錯はよく似合います。

まったくおっしゃるとおりですね。未体験ゾーンで興味深いです。(笑)

返信する

岡本 浩和 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください