朝比奈隆指揮大阪フィル ベートーヴェン第9番「合唱」(2000.12.30Live)ほかを聴いて思ふ

やっぱりすごいものですね。今はマーラーだ何だと言いますけれども、強烈さではとてもこの曲にはかなわないでしょう。
結局ベートーヴェンは、このシンフォニーを実際に自分の耳で一度も聞いたことがないわけですね。全部頭の中で鳴っていただけ。それなのにこのような・・・。今でもそれを思うと感動します。彼自身は何も得られない。まあ作曲料ぐらいはもらったかもしれないけれども。作曲家にとって、できあがった音を実際に聞くのがいちばんの喜びなのに、自分が実際に聴けもしない音楽を作って、われわれに残して、200年、おそらく永久に世界中で演奏される。自分が死んで永遠の生命を人類に残した、そういう象徴的な感じがしますね。それが本当の作曲というもので、もうそういう時代は二度とこないかもしれない。
我々は目も見え、耳も聞こえるのに、まずい演奏しかできないというのはまことにどうもあれですけれども、しかしこの「第九」だけは私もずっとやりたいですな。90歳になっても、これだけはやりたいです。

(1989年6月16日、7月28日)
朝比奈隆+東条碩夫「朝比奈隆 ベートーヴェンの交響曲を語る」(音楽之友社)P232-233

朝比奈隆は、ベートーヴェンの交響曲第9番を「ヒューマニズムの歴史の中の一つのモニュメント」だと評するが、1989年の対談で語った言葉通り、亡くなるちょうど1年前まで通算251回にのぼる「第九」の演奏を成し遂げている。これで最後だとは御大ももちろん思っていなかっただろう、2000年歳末の恒例の大阪フィルとの2夜にわたる演奏は実に感動的なのだが、驚くべきは、その2種の演奏がテンポほか、まったく様相が異なるのである。これぞ、何歳になっても常に変化する朝比奈隆の至芸。

12月29日のフェスティバルホールでの演奏は、最晩年の朝比奈の演奏らしく、全編通してテンポは速めで、印象は若々しい(例えば第3楽章アダージョ・モルト・エ・カンタービレだけで翌日の演奏に比して70秒も速い)。

ベートーヴェン:
・交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」(2000.12.29Live)
・交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」(2000.12.30Live)
・蛍の光(スコットランド民謡)(2000.12.30Live)
菅英三子(ソプラノ)
伊原直子(アルト)
福井敬(テノール)
多田羅迪夫(バリトン)
大阪フィルハーモニー合唱団(合唱指揮:岩城拓也)
朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団

しかし、やはり朝比奈らしいのは12月30日の演奏、すなわち生涯最後の「第九」であろう。第1楽章アレグロ・マ・ノン・トロッポ・ウン・ポコ・マエストーソは冒頭から確信に満ちた堂々たる音!混沌とした神秘の音が有形になる、いわば宇宙創成の様を、「神秘」を横に置いて、朝比奈はあっけらかんと表現する。これぞ老練の棒の成せる業。続く、叩きつけるように始まる熱狂の第2楽章スケルツォがまた絶妙なるテンポ!そして、決してもたれず、悠久の時間を表す第3楽章アダージョ・モルト・エ・カンタービレ。この日の聴衆は、たぶん永遠に終わってほしくなかっただろう、時間が止まったかのような錯覚に陥らせる安息の音楽。速めに颯爽と奏される第2主題の決然たる旋律が素晴らしい。
さらに、静寂を破る終楽章プレストの強烈な轟音と低弦によって「歓喜の主題」が提示されるその瞬間のカタルシスと、合唱が入ってからコーダに至るまでの文字通り「皆大歓喜」に感動(永遠のvor Gott)。

ことに若いうちは、シラーのテキストによって大きな感動をもちますね。シンフォニーをやるのに、歌詞にそこまで拘泥するのがいいかどうかは別として、これはシラーの詩の中でも煽動的な、革命前夜みたいな内容ですから。師匠が全部それを解釈して教えてくれたんですけれども、フロイデFreudeというのは、実はフライハイトFreiheit(自由)なんだ。その時分、ドイツのあの体制の中では「自由」という言葉を使えないから、代わりに「フロイデ(歓喜)」にしたんだと。
~同上書P192

バーンスタインがベルリンの壁崩壊を祝して演奏した「第九」はまさにFreiheit(自由)と歌われているが、その半年前にいみじくも朝比奈がそのことを語っている点が興味深い。しかし、(シラーの真意がどうあれ)今となっては「自由」よりも「歓喜」の方がやはり相応しいと僕は思う。

人気ブログランキング


4 COMMENTS

桜成 裕子

朝比奈隆氏の「自分が死んで永遠の生命を人類に残した、そういう象徴的な感じがしますね。それが本当の作曲というもので、もうそういう時代は二度とこないかもしれない。」とのお言葉にうれしくなりおじゃましています。「第九」は聴いてももちろん感動的ですが、実際に合唱団の中に入って楽譜を見、歌い、ハーモニーを感じたりオーケストラを聴いたりしていると、その構成の巧妙さ、和音の(不協和音も含めて)独特な響きの素晴らしさ、声部のハーモニー・独唱、合唱のからみの絶妙さ、歌詞と旋律の見事な融合等等、今さらのように、奇跡のようだと感じています。これらをすべて実音で聴くことなく頭の中でだけで組み立てたのだ、ということにも改めて胸を突かれます。
いろいろな指揮者の「第九」を聴いてみましたが、テンポを始めいろいろ感じが違うなあ、と思います。因みに私たちの指揮者は、「第九」を指揮したいという一心で指揮者になったそうです。朝比奈氏の最後の「第九」、このCDも聴いてみたいと思います。ありがとうございました。

返信する
岡本 浩和

>桜成 裕子 様

僕は朝比奈のこの「第九」を聴いて、第1楽章アレグロ・マ・ノン・トロッポ・ウン・ポコ・マエストーソの素晴らしさをあらためて痛感しました。おっしゃるように、頭の中だけで音楽を書いたベートーヴェンは唯一無二の天才ですね。

ぜひこの「第九」を聴いていただきたいのと、以前も触れた新日本フィルとの1988年末のライヴ盤を比較して聴いてみていただきたいです。前者は朝比奈が行き着いた枯淡の境地、後者はまだまだ若い(と言っても80歳)脂の乗り切った、しかし崇高な世界が繰り広げられます。

返信する
桜成 裕子

岡本 浩和 様

 このCDを聴いてみました。朝比奈隆氏を聴くのは初めてです。感動しました。
29日の第2楽章と第3楽章、30日の第1楽章と4・5楽章がぐっときました。なぜかはわかりません。奇をてらうことなく、誇大にならず、誠実で丁寧な演奏、と感じました。親しく語り掛けてくるような感じもしました。楽器の音がそれぞれ明瞭に聞こえて新鮮でした。第2楽章のテンポはツボにはまっていて雄弁に聞こえました。第1楽章にベートーヴェンが込めた思いが伝わってきた気がします。さすが朝比奈氏の気概が感じられ、名前だけ知っていた日本の先駆者の演奏に触れられてうれしいです。少しだけ欲を言うなら、合唱の歌詞の子音がもっとはっきり聞こえていたら合唱も立体的になってよかったかな?と。やはり日本人だから発音はしかたないですかね。むずかしいです。1988年の演奏も取り寄せて聴いてみたいと思います。ありがとうございました。

返信する
岡本 浩和

>桜成 裕子 様

朝比奈御大の演奏は、おっしゃるようにどんなときも「奇をてらうことなく、誇大にならず、誠実で丁寧な演奏」だと思います。実演を聴いていただきたかったとつくづく思います。1988年新日本フィルとのベートーヴェンについても感想お待ちします!

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください