フルトヴェングラー指揮バイロイト祝祭管のベートーヴェン第9番(1951.7.29Live)を聴いて思ふ

beethoven_9_furtwangler_bayreuth_1951729「魔の山」最終章の冒頭はこうだ。

時間、時間そのものを純粋に時間として物語ることができるであろうか。いや、そういうことはとうてい不可能だ。それは愚かな企てというべきであろう。「時は流れ、時はすぎ、時は移る」というふうに話しつづけていったところで―たといそれが物語だとしても、常識はそれを物語と呼びはしないであろう。それは、気でも狂ったように、同じ音、同じ和音を一時間も鳴らしつづける、そしてそれを―音楽だというようなものである。なぜなら物語は、時間を充たす、つまり時間を「きちんと埋め」、時間を「区切り」、その時間にはいつも「何かがあり」、「何かが起こっている」ようにするという点で、音楽に似ているからである―。
トーマス・マン/高橋義孝訳「魔の山・下巻」(新潮文庫)P401

音楽とはそれこそ虚構だ。
僕たちが今こうして聴いている音楽もすべて創造者の意図をもって作られたもの。そして、その幻に僕たちは心動かされ、欣喜雀躍する。
例えば、かの有名な、フルトヴェングラーが戦後バイロイト音楽祭の再開を祝して演奏したベートーヴェンの第9番の演奏も、ウォルター・レッグらプロデューサーの企図をもってある意味歪められて創造されたつくりものであった(であろう?)ことが先年わかった。新たにリリースされたその演奏は、驚くべきことに細部にわたり僕たちが知っていた「バイロイトの第9」とは異なるものだった。

しかし、だからと言って僕には失望はなかった。
それが当日の実況そのものか、あるいは編集作業が施されたものなのか、そんなことはどうでも良いこと。その事実を知っても、かの音盤を聴いて感動することには違いないゆえ。それほどに従来の録音のもつ力は大きく、これこそ文字通り「レコード芸術」といえまいか。芸術とは虚構なり。

・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱」
エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)
エリーザベト・ヘンゲン(コントラルト)
ハンス・ホップ(テノール)
オットー・エーデルマン(バス)
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団(1951.7.29Live)

崇高な精神美の第3楽章アダージョ・モルト・エ・カンタービレ、そして情念の終楽章プレスト―アレグロ。もはや詳細に僕が何かを語る必要のない屈指の名演奏。
時間とともに消えゆく音楽は幻だ。ましてや「音の缶詰」たるレコードならなおさら。
僕たちは幻に感動し、涙する。
従来のバイロイト盤の価値が揺らぐことはおそらく今後もないだろう。

互いに抱き合え、諸人よ!
全世界の接吻を受けよ!
兄弟よ、星の上の世界には
愛する父がおわします。
(訳:渡辺護)

 

ブログ・ランキングに参加しています。下のバナーを1クリック応援よろしくお願いいたします。


音楽(全般) ブログランキングへ

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


3 COMMENTS

雅之

>それが当日の実況そのものか、あるいは編集作業が施されたものなのか、そんなことはどうでも良いこと。

しかし、何でそんなことが未だに判らないんでしょうね。数ある20世紀の謎のひとつですね。

いや、もはや神話の域ということですか(笑)。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください