ヌヴー ドブロウェン指揮フィルハーモニア管 ブラームス協奏曲(1946.8録音)ほかを聴いて思ふ

静かにひびく 天上の
おだやかに渡る音に満ち
風吹き通う 神さびた
至福の住いなる広間。緑の敷物をめぐって香る
喜びの雲。はるかに輝くのは
熟れた果実 黄金花咲く酒盃に溢れ
整然と華やかに連なり
ここかしこ 平らかな床から
傍に高まる宴の卓。
遠くから この夕べの時
心に愛ある客人が
訪れてくることに きまっていたのだ。

「平和の祭」
川村二郎訳「ヘルダーリン詩集」(岩波文庫)P162-163

風向きが変わる。物事の考え方を切り替えよと。
直線的な、力のある音色と響き。そして、ほとばしる情熱。
初めて聴いたとき、僕は男性ヴァイオリニストによる演奏なのだろうと思った。

この曲は、ブラームスらしく、より内にこもる、愁いを帯びた解釈が僕にとっては理想なのだが、壮年期のブラームスの、確信のある筆致と高揚する楽想を完璧に音化した彼女の力量に大いなる賛辞を送りたい。不慮の飛行機事故にてわずか30歳という人生であったにもかかわらず、彼女にとってよほどブラームスは性に合ったのか、ライヴを含むと4種もの録音が残されており、いずれもが名演奏なのである。

ジネット・ヌヴー。
1919年8月11日、フランスはパリにて生誕。そして、1949年10月28日、大西洋アゾレス諸島に散る。

ブラームスは、総合的にみると他の録音に軍配が上がるが、比較するのでなければ、ことに第2楽章アダージョの抒情が素晴らしい。愛らしくも粘る囁き。

・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77(1946.8.16-18録音)
ジネット・ヌヴー(ヴァイオリン)
イッサイ・ドブロウェン指揮フィルハーモニア管弦楽団
・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調作品47(1945.11.21録音)
ジネット・ヌヴー(ヴァイオリン)
ワルター・ジュスキント指揮フィルハーモニア管弦楽団
・ラヴェル:ハバネラ形式の小品(1946.8.12-14録音)
・スカラテスク:バガテル(1946.8.12-14録音)
ジネット・ヌヴー(ヴァイオリン)
ジャン・ヌヴー(ピアノ)

前年に録音されたシベリウスの、北国を連想する仄暗い詩情がまた素晴らしい。
それにしても、驚きはオーパス蔵の復刻だ。第2楽章アダージョ・ディ・モルトにおける通奏低音の如く芯にまで沁みる重低音。(録音の問題だと思う)音の揺れは甚だしいが、終楽章アレグロ,マ・ノン・タントの、悠揚たる旋律の流れと独奏ヴァイオリンの神々しいまでの歌。

さらには、兄のジャンの伴奏による2つの小品がまた格別に美しい。
ラヴェルのハバネラ形式の小品の、水も滴る妖艶な音と、類い稀なる音楽への貢献。スカラテスクのバガテルでの脇目も触れずに音楽に集中する様と念。

人気ブログランキング


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください