プレヴィン指揮ロンドン響 ラヴェル 歌劇「子供と魔法」ほか(1997.6録音)

ごく小さいときから、私は音楽、あらゆる種類の音楽に、惹かれた。たいていの愛好家たちよりずっとこの芸術に通じていた父は、どうしたら私の趣味を育めるか、早くから熱中させることができるかを、知っていた。
(平島正郎訳)
(1938年「ルヴュ・ミュジカル」誌モーリス・ラヴェル記念特別号「自伝素描」)
「作曲家別名曲解説ライブラリー11 ラヴェル」(音楽之友社)P6

子どもは純真だ。
その分、受容がなされず不満が溜まると、素直さは意地悪に転じる。
悪戯によって他の注意を惹こうとするのだ。特に、最たる対象は母親。

人間の本性は、意識せずとも良心なのだとつくづく思う。後天的な性質、性格(すなわち思考や感情)が日々問題を巻き起こす。自覚のないままに思考にとらわれていると、世界は不満と不安に覆われる。

オペラの問題は私をいつも魅了してきました。私はすでに幾つか試みてきましたが、まだ求めている形式が見つかっていません。作曲家たちが(名を挙げるとすれば)マイヤベーアの時点で止まっていて、この種のスペクタクルが少しも発展していないのは、驚くべきことだと思われませんか。ワーグナーのオペラは馬鹿げていますし。何か別のものを作らねばなりません。それなのに、ほら、若い作曲家たちはグノーとその仲間が作り出した構造に戻らざるを得ないのです。
(ラヴェルの1932年のインタビュー)

音楽はいかにもラヴェルらしい、前衛と保守とを往来するような不安定さ(?)が特長。それでも、物語の筋は、本人の意図するところかどうかは別にして、人々の心の在り方を示唆する重要な警告を孕んでいる点が素敵。

登場人物は、母親と子ども以外は動物や昆虫、あるいは無機物。
子どもには動物や無機物の心(?)がわかるのだろう、堕落した本性があっという間に戻る様子が美しい。

みんな愛し合っている。幸せそうにしている。僕のことなんか忘れて・・・
みんな愛し合っている・・・僕のことなんか忘れて・・・独りぼっちになっちゃった・・・
(無意識のうちに叫ぶ)
ママ!・・・

(岡本和子訳)

この、我に返る瞬間のパメラ・ヘレン・スティーヴンのメゾが何とも真に迫る。

ラヴェル:
・歌劇「子供と魔法」(コレットの詩によるファンタジー・リリック)
パメラ・ヘレン・スティーヴン(子供、メゾソプラノ)
アン・マリー・オーエンズ(ママ/羊飼いの男、アルト)
デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(ソファー/大時計/雄猫、バリトン)
ファニータ・ラスカーロ(安楽椅子/フクロウ、ソプラノ)
マーク・タッカー(ティー・ポット/小さい老人(数学の精)/雨蛙、テノール)
ジャクリーヌ・ミウラ(カップ/雌猫、アルト)
エリザベス・フトラル(火/お姫さま/ウグイス、ソプラノ)
マリー・プラザス(羊飼いの娘/コウモリ、ソプラノ)
ロバート・ロイド(木、バス)
リナート・シャハム(トンボ/リス、ソプラノ)
新ロンドン児童合唱団(合唱指揮:ロナルド・コープ)
ロンドン交響合唱団(合唱指揮:スティーヴン・ウエストロップ)
・バレエ「マ・メール・ロワ」
アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団(1997.6録音)

動物たちによる最後の合唱は、生きとし生けるものへの讃歌であり、何とも崇高。プレヴィンの棒のセンスが光る。

あの子は傷の手当てをして、血を止めた。
あの子は賢い、非常に賢くて、非常に優しい子だ。

(岡本和子訳)

そして、付録と思いきや、素晴らしいのが「マ・メール・ロワ」!!
色彩豊かな管弦楽の魔法に、心がウキウキし、魂が喜ぶ。ここでのプレヴィンはあくまで自然体。無理せず、我執なく、ただラヴェルの創造した音楽に奉仕するように音楽を再生する。
ここにあるのは文字通りファンタジー!!!

人気ブログランキング


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください