デュトワ指揮モントリオール響のホルスト「惑星」(1986.6録音)ほかを聴いて思ふ

始めは終わりの始まりであり、始まりはまた終わりの始まりである。
ああ、無常。出逢いとは実に不思議な縁。そして、人と人との組み合わせが都度起こす様々な事象。人が変わればすべてが変わる。興味は尽きない。

1986年にリリースされたEmerson, Lake &Powellが残したたった1枚のアルバムは、当時こそセールス芳しくなかったようだが、30余年の時を経て聴くと、実に重みのある、キース・エマーソンのキーボードを中心にした傑作であったことがわかる。
いわゆる既成概念の怖さとでも言おうか、たぶんあの頃は、僕も巷の評の影響をたぶんに受けていたのだと思う。虚心に耳を傾けたときに発見する斬新さと緻密さ。脱帽である。

あわせて、1993年にリリースされた4枚組ボックスに収められた、カール・パーマーをドラマーに代えて再録された”Touch And Go”を、オリジナルのそれと比較して聴いてみると面白い。何よりグレッグ・レイクのヴォーカルの光度と深度が違う。グレッグの声質は年齢を重ねるごとに(渋くなったといえば聞こえは良いが)ピュアなエネルギーを失っていった。そしてまた、パウエルとパーマーのドラミングの明らかな相違。さすがにハードで重厚なという意味ではパウエルに軍配が上がる。もちろんパーマーのいかにもELPらしい太鼓叩きは健在で、捨てがたいのだけれど。

・Emerson, Lake &Powell (1986)

Personnel
Keith Emerson (keyboards)
Greg Lake (vocals, bass and guitars)
Cozy Powell (drums and percussion)

冒頭”The Score”から、こんなに洗練されたかっこ良さと魂にまでずしんと響くパワーのあるアルバムだったのかと耳を疑った。どこをどう切り取っても間違いなく新生ELPの神髄示す傑作。6曲目の”Step Aside”など、往年のELPを髣髴とさせるジャジーでアンニュイなポップスでとても懐かしい。ちなみに、ラスト・ナンバーはホルストの組曲「惑星」から第1曲「火星―戦争をもたらす者」の(お得意)アレンジで、オリジナル・クリムゾンが1969年当時ライブで頻繁に披露していたことから、グレッグには相当の思い入れがあり、キースのキーボード・アレンジの力を得て、より原曲に近い、そしてより音楽的に練磨されたロック・バージョンを世に問うことが叶ったのだろうと思われる。名曲だ。

ところで、NHK交響楽団の今月の定期演奏会には例年と同じくシャルル・デュトワが招かれている。デュトワと言えば、フランスものやロシアものに定評があるが、彼が30余年前、”Emerson, Lake &Powell”とほぼ同時期に録音、リリースしたホルストの「惑星」は今聴いても色褪せない戦慄の記録であると僕は思う。第1曲「火星―戦争をもたらす者」から(当時の)手兵モントリオール響を扇動し(?)、強烈なパッションとエネルギーを放出する音楽を生み出している。

・ホルスト:組曲「惑星」H125
モントリオール交響楽団女声合唱団
シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団(1986.6.2録音)

静かな第2曲「金星―平和をもたらす者」の美しさに恍惚。平和とは祈りなのだと思う。また、軽快に蠢く第3曲「水星―翼のある使者」を経て、うなりをあげる第4曲「木星―快楽をもたらす者」でのオーケストラの個々のプレイヤーの巧さに脱帽し、何より中間部の有名な旋律の甘美さと色艶に感動する。
ちなみに、第5曲「土星―老いをもたらす者」は作品の中核となる楽章だが、頂点に向けて炸裂する管楽器の勢い(クレッシェンド)とそれを引き戻そうとする弦楽器のたおやかさ(ディミヌエンド)に涙がこぼれる。その後、踊る第6曲「天王星―魔術師」を経て、女声合唱を伴う終曲「海王星―神秘主義者」に至り、音楽は一層の静寂を獲得する。まるで遠い宇宙空間の無重力状態の如し。

さて・・・、“Lay Down Your Guns”での、グレッグのヴォーカルは気のせいか悲しく切ない。

Lay down your guns I come in peace
No need to run my friend into the trees
We’ve been through this so much before
But still we get it wrong

気がつけば、Keith EmersonもGreg Lakeも、またCozy Powellも今やこの世の人ではない。
グレッグ・レイクの1周忌に。

 

ブログ・ランキングに参加しています。下のバナーを1クリック応援よろしくお願いいたします。


音楽(全般) ブログランキングへ

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村


3 Comments

みどり

岡本様

ご無沙汰しております。

採り上げてくださって、ありがとうございます。

Emerson Lake & Palmerの熱心なファンの方々からは
評判の芳しくないEmerson Lake & Powellですが
このアルバム、いいですよね♪

カール・パーマーとコージー・パウェルの違いがよくわかって
トリオとしてもバランスが良いと思います。

公式のライヴアルバムに収録されなかった楽曲も入っているので
こちらは音源だけですが、なかなか楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=92KP4n8GD6o

コージー・パウェルの前にサイモン・フィリップスに声をかけたものの
断られて…という経緯があるらしいですが
このメンバーを観ると、ジョン・エントウィスルとのトリオも
面白かったのかもしれませんね♪
https://www.youtube.com/watch?v=xTEmldzx1xE

グレッグ・レイクはその歌声も唯一無二のものでした。

寒くなりましたので、お身体大切にお過ごしくださいませ。

返信する
岡本 浩和

>みどり様

コメントをありがとうございます。
僕も30年前に聴いたときは(先入観もあったのでしょう)あまり良いとは思わなかったのですが、
30年近くぶりに聴いてみて、素晴らしさにおったまげました。(笑)

ご紹介の音源も素晴らしいですね。
たった1枚しかアルバムを作らなかったことが残念です。
キース・エマーソンは、ジョン・エントウィッスルとも演っていたとは知りませんでした。

>グレッグ・レイクはその歌声も唯一無二のものでした。

同感です。
もはやELPのステージを観られる可能性がなくなったことが残念です。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください