クレンペラーのモーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」を聴いて思ふ

mozart_cosi_fan_tutte_klemperer142最晩年のクレンペラーらしい、重厚な「コジ・ファン・トゥッテ」を聴いて、どうしてモーツァルトがこのあまりに他愛のないといわれる台本に音楽を付けようとしたのか考えた。もちろん、盟友ダ・ポンテによるものだという理由は大きいだろう。とはいえ、当時、ひどい経済的困窮の最中にあった彼にとって、何より聴衆から「好まれる」オペラを仕上げることが必須だったことは間違いない。

おそらくここには後世の人々が謎解きで悩まされるほどの深い意味づけなどないのかも。ヴォルフガングの気の利いた「お遊び」のようなもの。
楽聖ベートーヴェンまでもが「『ドン・ジョヴァンニ』や『コジ・ファン・トゥッテ』のようなオペラは私には作曲できないでしょう。こうしたものには嫌悪を感じるのです。―このような題材を私が選ぶことなどありえません。私には軽薄すぎます」と評するが、強いて言うなら、世界が茶番で、目の前に起こる人間関係(コミュニケーション)のほとんどは恋愛も含め「駆け引き(ゲーム)」のようなものであり、そういうくだらない世界を覆す思想こそが自分が属するフリーメイスンの掲げる「友愛」なんだと訴えたかったのかもしれないなどと空想してみたのである。

第1幕第1景、老哲学者ドン・アルフォンソの言葉。

まあ怒らず聞いてくれ
君たちは自分の恋人が
いつまでも貞操堅固だという
どんな証拠を持っているのかね?
誰が彼女らの心が絶対に変わらんと
保証してくれるのかね。
名作オペラブックス9「コジ・ファン・トゥッテ」(音楽之友社)P71

すべてはこの問いかけから始まる。
変わりやすいのは女心と秋の空だけでない。世界のすべては移ろいの中にあり、変化するもの。それゆえに面白い。
モーツァルトの音楽は下世話な筋立てを超え、実に高級。アリアは素晴らしく、何より二重唱、三重唱というアンサンブルの驚異的美しさ。物質的に満たされていなかったモーツァルトにあって、精神は常に自由に飛翔していたことを証明する。

この手紙の内容に驚かないでください。最も親しい人よ、あなたは私の事情をすっかりご存知なので、あなたにだけは自分の心中を信頼しきってうちあける勇気が出るのです。来月には(現在のしくみでは)支配人から私のオペラに対して200ドゥカーテン入ります。それまでに400フローリンだけ貸してくださるご都合ができ、またその気持ちがおありならば、あなたの友人を最大の窮地から救い出すことになります。そして私は、そのお金を一定の時期に現金で、間違いなく、感謝をこめてお返しすることを、名誉にかけてお約束いたします。
1789年12月付、モーツァルトからプフベルク宛
~同上書P210

・モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」K.588
マーガレット・プライス(フィオルディリージ、ソプラノ)
イヴォン・ミントン(ドラベッラ、メゾソプラノ)
ルイージ・アルヴァ(フェッランド、テノール)
ゲライント・エヴァンズ(グリエルモ、バリトン)
ルチア・ポップ(デスピーナ、ソプラノ)
ハンス・ゾーティン(ドン・アルフォンソ、バス)
ジョン・オールディス合唱団
オットー・クレンペラー指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(1971.1&2録音)

例えば、第1幕第10番のフィオルディリージ、ドラベッラ、アルフォンソによる三重唱「風よおだやかなれ」の、クレンペラーの遅いテンポであるがゆえの至高の美しさ。
続くイヴォン・ミントンによる第11番アリア「この心の中の苛立ち、鎮めがたい想いよ」のドラベッラの嘆きの表現の濃さ!クレンペラーの足取りは相変わらず微動だにしない。
そして、謎のアルバニア人が現れての芝居による姉妹への愛の告白を歌う第13番六重唱「可愛いデスピーナちゃん」の素晴らしさ!!若きルチア・ポップの可憐な歌!!

幕が進むにつれモーツァルトの音楽は一層透き通ってゆく。
第2幕第29番、フィオルディリージとフェッランドの二重唱「もうすぐ私の誠実な婚約者の胸に抱かれるわ」の堂々たる風格。
フェッランド、グリエルモが絡みオペラのタイトルでもある「コジ・ファン・トゥッテ(女はみんなこうしたもの!)」という一節が声高々と歌われる第30番、ドン・アルフォンソのアリア「人は女性を非難するが」がまた感動的。

まさに茶番の種明かしであるフィナーレ第31番「早く早く、皆さんがた」以降は、時に剽軽でいかにもモーツァルト的愉悦の極致。どの瞬間をとっても指揮者クレンペラーの集大成的最美の音楽が鳴り響く。

 

ブログ・ランキングに参加しています。下のバナーを1クリック応援よろしくお願いいたします。


日記・雑談(50歳代) ブログランキングへ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください