朝比奈隆指揮大阪フィル モーツァルト レクイエムK.626(1991.12.5Live)

モーツァルトの真実。モーツァルトはやっぱり人間だった。

モーツァルトの最後の年となる1791年の6月、妊娠中のコンスタンツェは足の痛みがひどくなったということで、いつものようにバーデンまで温泉治療に出かける。6月4日のことである。それから7月中旬まで1ヶ月半ほどそこに滞在してウィーンに帰る。7月26日、モーツァルトに末の男の子が誕生した。
この間バーデンには、モーツァルトの指示で若い音楽家フランツ・クサヴァー・ジュスマイヤーがコンスタンツェに付き添っていた。彼はモーツァルトの死後、コンスタンツェの依頼でレクイエムの遺稿に補筆する男として知られている。モーツァルトはこのとき生まれた子にフランツ・クサヴァーという名前をつけた—ジュスマイヤーの名である。モーツァルトにしてみれば、この子は自分の子ではなくジュスマイヤーの子であるのにまちがいないのだ。彼は極めて大胆率直に妻の間男の名をこの子につけたというわけである。

石井宏「モーツァルトは『アマデウス』ではない」(集英社新書)P230-231

ザルツブルクからもウィーンからも嫌われたヴォルフガング。
わずか35歳にしてアントニオ・サリエリに毒殺されたとされるヴォルフガング。
そして、最後は妻コンスタンツェとの仲も崩壊していたヴォルフガング。
さらには、鎮魂曲作曲の筆を死によって折らざるを得なかったヴォルフガング。
この世に思念を残さずして死に切れなかったことだろう。
それから200年の後、極東の地にて。

1991年12月5日の大阪はいずみホール。
朝比奈隆の生涯でただ一度きりの、モーツァルトのレクイエムニ短調。
この、未完の、不世出の鎮魂曲が何と厳粛に、かつ浪漫の光を背負い歌われることか。
朝比奈御大本人が納得し、大のお気に入りだったといわれる演奏であるにもかかわらず、老巨匠はどうしてその後この作品の演奏を封印してしまったのか。実演に触れることのできた聴衆が心底羨ましい。

第1曲入祭唱から、音楽は思い入れたっぷりにうねり、哀感を装う。
いつもの御大らしい、愚直でごつごつした響きでありながら、否、であるがゆえの哀しみの煽動。この最初の一投で、僕たちは最晩年のモーツァルトの純白の世界にあっという間に誘われるのである。オーケストラは熱い、そして4人の独唱者はそれぞれが死後200年を迎えたモーツァルトの魂を癒さんと想いを込めて歌う。何より合唱の壮絶さ。

・モーツァルト:レクイエムニ短調K.626(ジュスマイヤー版)
豊田喜代美(ソプラノ)
西明美(アルト)
若本明志(テノール)
福島明世(バス)
京都シティ・フィル合唱団
京都バッハ合唱団
朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団(1991.12.5Live)

「ラクリモサ」のシーンでは思わず感涙。
聴後、言葉にならない感動が全身を襲う。
いわくつきの作品が、これほどまでの真実味をもって奏されることがかつてあったのだろうか。

朝比奈協会頒布の非売品音盤。なお、権利関係諸々の都合だろう、指揮者以外のクレジットは記されていない。

人気ブログランキング


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください